帆船乗りどものトレーニング〜安全を考える〜

f:id:spiritofsailors:20170622151614j:plain

"A ship in the harbor is safe, but that's not why ships were built."


安全を考えることは自分たちの活動の根本を考えること

船って危ない。海って危ない。本当に危ない。
危ないからかっこいいとか勘違いしてはいけない。危ないものは危ないんだ。


じゃあ、どうしたら船での事故、海での事故をなくすことができるんだろう。

それは船を出さず、海に行かないこと。

安全ということ考え始めるととめどない膨大な危険な可能性と自分たちはいつも隣り合わせになっていることに寒気がしてくる。
ではなぜ僕たちは船を出し、船を操り、海を渡るんだろうか。

そこには自分の能力に可能性がたくさんあるということ、一人ではできないことが仲間と力をあわせると軽々とこなせる力が出せるようになること、自分を大好きになれるたくさんの出来事が起きることに魅せられているから。たくさんの人とその体験を分かち合いたいし、自分の見てる素敵な景色をいろんな人に見てもらいたい。紹介したい。一緒に感じていたい。

だから「一緒に海に出ようぜ!航海しよう!!」って言い出しっぺの僕たちは「安全」に対して責任を持つ必要がある。膨大な危険になり得る可能性の芽をしっかり正面から見つめなおし、何が危険で、なにが自分たちにとって必要なことなのかを見極めていくことが大切だ。
メンバー一人、一人、個性があり、経験が違う、その中で僕たち帆船乗り集団が危険とみなすものは徹底的に協議して、不必要な危険は確実に排除しなければならない。

 

ではやっぱり海には出ないほうがいいんじゃないの?

 

本当にそうなのだろうか、危険という言葉ですべてを排除することは「挑戦」という大切な事まで奪ってしまうことになるのではなのだろうか。

キャンプに行くときにも危険は伴う。キャンプはもともと野営・野宿だ。
子供にナイフ一本もたせて一週間山に篭ってこいというのはあまりにも無謀で、無茶な危険な行為だ。
しかしきちんと指導・サポートすること、環境を整えることにより、火の扱い。刃物の取り扱い、野外での過ごし方、危険生物、テントの立て方、怪我への対処・・・たくさんあるリスクを小さくすることはできるはず。そこには野外での「挑戦」がたくさん詰まっている。だからキャンプはたくさんの人を惹きつけている。

海でも同じだ。かなり特殊な環境にはなるけども、海に船を出し、風の力を使い航海を成し遂げることへの喜びは僕にとって人生をかけてみんなに伝えていきたこと。
そこに発生する「挑戦」へのリスクを最小限にするにはどうしたら良いか、自分たちのハードスキル、危険に対応できる技術を身につけることはもちろんのこと、それは自分たちの活動の根本を見つめ、伝えたいことを抽出し、そこに発生する不要な危険は排除していき、挑戦に伴うリスクには対処して、できるだけ小さくしていく努力を常に怠らないことだ。
キャンプみたいにたくさんの人がセイリングが楽しめるようにしていきたい。
これからもこの活動を続けていく限り、この安全への挑戦を僕は絶対に止めたりはしない。

Spirit of Sailors では安全管理マニュアルを関係団体である

プラムネット 体験活動リーダースアカデミー
http://www.fieday.net/ac/
からの指導を受けて作成し、メンバーは体験活動における安全講習を受け、アクティビティーセイフティーマネージャーASM,
アクティビティーセイフティーリーダーASL資格を取得して体験活動に関する安全意識の向上と活動の安全に対して取り組んでいます。
これからも私たちの安全に関する情報を更新、発信していきます。

 

 

 

全然知らない島の人にメールした話

こんにちは。ぶんごーです。
7月の瀬戸内海での航海「海賊の海、神の島」では当日も色々な方に関わっていただきます。
村上水軍博物館、学芸員の田中さん。
今治北高校大三島分校の生徒さん。

「瀬戸内海で航海を企画したい」という勢いだけで企画を始めてのですが、実は大三島には全く伝手がなかったのです。
三原から大三島までクルーズして大山祇神社まで歩く、というのを自分たちだけでアテンドしてもよかったのですが、それだと何か足りない気がしていました。

やはり地元の人や地域の歴史や文化に詳しい人に関わってもらうと重みが違いますよね。
ということで全くのゼロ、なんの当てもないところからこの企画に関わってくれる人を探し始めたのです。

で、最初、少しだけご縁のある団体さんにこちらの企画意図を伝えて、地元でこんな活動をしている人を探したいのでお手伝いを、とお願いしました。
「わかりました、ちょっと動いてみますね」というお返事をいただいたのですが・・・それから一ヶ月なんの連絡もなく・・。

いや無理筋だとはわかっていたんです。
ウチは広島とか愛媛にはなんのご縁もない団体だし、実績もないし、帆船での航海っていうよくわからない企画だし。
なので無理なら無理って言ってくれればよかったのに・・。

もうあそこは当てにしない、そう心に決めたとたんに心に何かのスイッチが入ってしまいました。
大三島で活動している地域団体団体はいくつかリサーチしていたのですが、その中の一つにいきなりメールを送りつけるという暴挙にでました。

知り合いでもなく、誰かに紹介されたわけでもありません。
「こういうことしたいんだけど、こんな活動している人とかこんなことに詳しい人がいたら紹介してください」
メール送信後数日は返事がありませんでした。
変なテンションから落ち着いて改めて考え直してみて、知らない人のいきなりのリクエストにわざわざ対応してくれるはずはないよなあと反省していました。

が、その数日後に大変丁寧なメールが届きました。
そしてリクエストした条件にドンピシャの方をご紹介いただいたのです。

後日、直接お会いしてお礼を申し上げたところ、
「企画の内容が面白そうでしたし、具体的に探している人のイメージも明確で、紹介できそうな人の心当たりがもうあったのですぐに動けました」とのこと。
いやまあ、だとしても本来業務でもなんでもないことに迅速に対応していただいて感謝の限りです。

大三島の人はやさしい。


航海の詳細、お申し込みはこちらから↓

spiritofsailors.hatenablog.jp

 

f:id:spiritofsailors:20170429143245j:plain

なぜ、瀬戸内海で航海を企画したのか?

瀬戸内海が好きです。
なので個人的には帆船を手に入れたら、瀬戸内海で事業を始めたいと思っています。
(あくまでも個人的な思いで団体としての公式見解ではありませんが・・)

なぜ瀬戸内海かというと、世界でも有数の面白い海だからです。

陸が近く、たくさんの島がある。
航海していると美しい景色が次々と姿を変えて現れる。
島ごと、港ごとにまるで違った表情を見せてくれて、物語に満ちあふれている。

イタリアのことわざに
「海は人を隔てない、海は人を結びつける」というのがあるそうです。
地中海のど真ん中に位置するイタリアらしい言葉だと思います。

現代のわたしたちの感覚だと「海に隔てられている」の方が強いのかもしれません。
だから橋をかけて土地と土地、島と島をつなげようとするのかもしれません。
でも陸路で移動することがまだまだ不便だった頃、海の方が圧倒的に早く、圧倒的にたくさんの人や物をつなげていた時代はあったのです。

瀬戸内海は陸地に囲まれた内海という地理的な特徴を持っています。
そして今でも、海でつながる暮らしが残っています。
そんな海でつながる感覚も感じてもらいたいことのひとつです。

瀬戸内海が好きで、いつか瀬戸内海で航海を企画したいと思っていました。
それぞれの場所が点ではなくつながりとして浮かび上がってくるような、歴史がただの過去のできごとではなくいま生きている時代へとつながって見えてくるような、そんなものにしたいと思っていました。

ただ美しい風景をめぐる旅ではありません。
ただ歴史ある場所を訪れる旅でもありません。
人と土地と海と時間とが結び合った物語を感じる、そんな航海を作ることができました。
オンリーワンの体験をしてみませんか?

 

航海の詳細、お申し込みはこちらから。

spiritofsailors.hatenablog.jp

 

f:id:spiritofsailors:20170603110326p:plain

彼女を好きになった

この3週間限定、毎晩18時からライトアップの始まるシドニーから、エリです!

シドニーは今"VIVID"という、ハーバー一円フェリーまでライトアップするお祭りをしています

f:id:spiritofsailors:20170530173856j:image

 私の今いる船「サウザンスワン」は非常に長かった3カ月の整備を越えて…

VIVIDを皮切りにクルーズに復帰しました!!

私が彼女(船)を初めて見てから今までで一番美しい姿になった船を見て、嬉しいのと「本当にきれいな姿に戻れた!」とほっとした気持ちでいます

f:id:spiritofsailors:20170530210449j:image

整備中はこんな瞬間も…

デッキの上からトイレ、船内のサロン、シャワーを一気に見ることができます(笑)

f:id:spiritofsailors:20170530174320j:image

船の前と後ろでペイントのビフォーアフターも!

 

 整備中、クルーと話していると逆のことを言ってきます

間違いなく粉だらけになる仕事に

「最高にワクワクするね!」「簡単すぎる!」

と言ったり

「素晴らしく面白い仕事をしないかい?」

 と言ってドックにある沈没しそうな小船の水汲み出しに誘ってくれたり(笑)

 「日本に行った時は君の家に泊めてくれないか?無料で泊まれる場所が必要なだけなんだ!」

と屈託がなかったり(笑)

f:id:spiritofsailors:20170530211953j:image

 彼らの働き方に学んでます(笑)

 

そしてサウザンスワンの整備とクルーズをしながら私は彼女(船)を好きになってると思いました

昨年初めてシドニーに来て、もう一つの船「ソーレンラーセン」のクルーだった時は、ソーレンラーセンが美しくて大好きで、クルーも好きで、逆にサウザンスワンもそのクルーのことも何とも思っていませんでした

f:id:spiritofsailors:20170530212629j:image

でもサウザンスワンとブリスベンに行って、クルーと一緒に航海も整備もして、なんとかきれいな姿にしようとしているうちに、ソーレンラーセンに住んでいた時に思っていた気持ちが変わって、船や所属は関係なくて、今サウザンスワンもソーレンラーセンもどちらのクルーも好きになってると思いました

よかった!

f:id:spiritofsailors:20170530213828j:image

先日はちらし寿司パーティーをしました(笑)

 

そしてブリスベンで私が師匠に聞いた大事なこと

「船の整備って終わりがあるの?」

 「もちろんないよ!」

「そうだと思った!」

 

 

エリ

 

「海賊の海、神の島」、募集を開始します

こんにはち。ぶんごーです。

以前に告知しました7月に瀬戸内海で企画している体験航海イベント、募集を開始します。
未定としていた参加費ですがおひとりさま12,000円となりました。

これからブログではイベントの魅力やバックグラウンドについても書いていこうと思いますので、参加をご検討中の方は目を通してみてくださいね。

 

とりあえず現時点でのイベント内容は以下のエントリーをご覧ください。

海賊の海、神の島 - 日本一楽しい帆船乗り集団 Spirit of Sailorsのブログ

 

そして申し込みは下記のフォームにご記入ください。

おって担当からご連絡します。

https://goo.gl/forms/YpRLTALRyDg9absi1

f:id:spiritofsailors:20170429143245j:plain

シドニーか日本で会いましょう!

シドニーに帰ってきました!!

f:id:spiritofsailors:20170513152717j:image

やっぱりシドニーハーバーは美しい!

 事故もなく無事サウザンスワン(船)と戻れてよかったー!!

 

自分の仕事に胸を張ったり、舳先で流れ星を見ながら船酔の中クヨクヨしたり(笑)、大きな経験をもらった航海が終わり、今は引き続き整備とシドニーハーバーでのクルーズをしています

 f:id:spiritofsailors:20170513171407j:image

この美しいシドニーハーバーでのセイリングを日本の方に見せたくて、帆船で無人島に行く!というような企画をシドニーに帰ってきたらしたいと思ってたのですが、保険の関係で難しく…

しかし普段のデイクルーズもとても気持ちがいいので、ご紹介します

そういえばシドニーに来たばかりの時にも感激してぜひ!とブログに書いていました(笑)

*何もマージンはもらってませんよ!

http://www.sydneytallships.com.au/daily-cruises.html

f:id:spiritofsailors:20170513235010j:image

そして私は6月末に日本に帰ることにしました!!!

7月にスピリットオブセイラーズの瀬戸内 物語航海「海賊の海、神の島」と神戸港150周年でのイベントがあるのでそこに参加する為です!

 物語航海

http://spiritofsailors.hatenablog.jp/entry/2017/04/30/060000

 

昨年の9月に私の背中を押してシドニーに送り出してくださった方々に感謝しています

ぜひ、シドニーか、または夏の日本で会いましょう

 

海は繋がっていて、たくさんの出会いをくれる!!

f:id:spiritofsailors:20170507234110j:image

写真はシドニーについた日のクルーの集合写真です

 

エリ

 

 

 

海賊の海、神の島

f:id:spiritofsailors:20170430093350j:plain

こんにちは。
ぶんごーです。
今回は夏に瀬戸内海で実施する体験航海のご案内です。

タイトルは「海賊の海、神の島」

広島県三原市を出港して愛媛県大三島という島まで帆船で航海するというイベントです。

航海する海は最近ではしまなみ海道などと呼ばれるようになった、瀬戸内海でも屈指の島の多いエリア。
風景が美しいのはもちろん、歴史的にもとても面白い海域です。

島と島の間には狭くて浅い複雑な海が横たわり、時間と共に移り変わる強い潮の流れもあり、とても難しい海でした。
そんな理由から「海賊」と呼ばれる水先案内を生業とする独自の船乗り集団が跋扈した海でもあります。

今回の体験航海は三原港を出港してまずは海図で付近の海の様子やその日の航海予定をみんなで確認します。
その後、参加者の皆さんと一緒に帆を張り、交代で舵を握って船を動かしてもらいます。
その日の天候などにもよりますが可能ならばエンジンを止めて風の力だけで航海する時間もつくりたいと思っています。

その後、村上水軍博物館の学芸員、田中謙さんに付近の海の歴史などについてお話ししていただきます。
村上海賊や北前船など航海しているまさにその海の物語についていろいろなお話しが聞けることと思います。

船上で昼食を摂って13時頃に大三島宮浦港に到着する予定です。
大三島には大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)という古くから厚く信仰を集めた神社があります。
山の神、海の神、戦いの神として朝廷や多くの武将たちからも大切にされた神社です。

船をつける宮浦港から大山祇神社までは歩いて30分ほど。
港はかつては参拝者の入り口として、また島の交通の要所として多くの船で溢れ、神社までの参道は大いに賑わったそうです。

しまなみ海道の橋がかかり、今ではほとんどの人は車で直接参拝するようになりました。
港と本土や他の島を結んでいた定期航路もなくなってしまいました。
そんな港から参道を通り神社まで、今治北高校大三島分校の生徒さんたちの案内で歩いてみます。

大三島分校では一部の生徒さんにより、商店街の方々から昔の話の聞き取りを行っています。
港と参道の過去と今、海から陸へと交通手段が変わったことで人々の暮らしはどう変わったのか、そんなことを考えながら街を歩いてみてください。

今回の企画では船で移動することで地域の歴史や文化をより深く理解できることを目的にしています。
ただの移動手段ではなくて船で、帆船で航海することで見えてくる世界があります。
海からの視点で初めて気づく新しい発見を楽しんでみませんか?

日程は7月の22日と23日。
どちらも朝8時半三原港出港で15時に大三島解散です。
前日の19時50分に東京発の新幹線に乗って三原や福山で一泊すれば間に合います。
翌日もイベント終了後にバスで福山へでれば十分その日のうちに帰れます。
今治方面にバスで出ることもできます。
とはいえせっかくですのでもう少し余裕を持ったスケジュールで、尾道鞆の浦道後温泉などを楽しんでみても素敵ですね。

では次は海の上で会いましょう。

お申し込みは以下のフォームから!

https://goo.gl/forms/YpRLTALRyDg9absi1

 

f:id:spiritofsailors:20170429143257j:plain

 

 

=====================================================

物語航海#001
      「海賊の海、神の島」

尾道今治を結ぶしまなみ海道
本州と四国を結ぶこの道ができたおかげで、今では瀬戸内海に浮かぶ島々も簡単に行き来できるようになりました。

では、橋ができる前の時代人と海との関わりはどんなものだったのでしょうか?

このイベントでは風の力で走る帆船で瀬戸内を航海します。
中世から現代まで、海からの視点で海や島、街を見つめ直した時に、どんな景色があなたの前に現れるでしょうか?

■日時

2017年7月22日(土)23日(日)
広島県三原市 三原港 8時30分集合
愛媛県今治市 大三島宮浦港 15時解散
*両日とも同じ内容になります

■募集定員
各日 15名

■参加費
12,000円

中・高校生 7,000円

2名様以上でのお申し込み お一人様 9,000円

■使用する船舶について
帆船Ami   2本マストトップスルスクーナー 20人乗り 50フィート

http://www.schooner-ami.com/index.html

■物語航海とは?

海を軸として地域の物語を発掘し、その物語を体験する航海です。
ただの移動手段ではなく地域の持つ物語を深く知り、感じるための航海を提案します。
これからも海から生まれた様々な地域の物語をみつけだし、ステキな航海をお届けします。