読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帆船バカの海図教室!!in横浜

f:id:spiritofsailors:20170425203423j:plain

帆船バカの海図教室!!

 

 

今月14日に横浜で行われました、スピリットオブセイラーズ「海の上の気持ち」第2回講座、帆船バカの海図教室!どんなことやったの?参加してくれたメンバーの声をなどお伝えしまーす!!!

 

今回の講座担当は帆船バカ「カイ」

興味がわかない座学は意味のわからない外国語と一緒。といつも考えています。新しいものに出会う時、座学や基本的な知識はとっても大事、けれど「やってみたい!」と思った最初の座学で専門的な言葉がずらずらと出てきて興味を失ってしまう自分の経験から「とにかく海の上の気持ちなってもらいたい!実際に触って、感じて、考えて、まるで自分が航海に出ている気分になってもらいたい!」と作った今回の講座。

前半は基本的な海図の使い方をゲームを通して覚える題して「新米航海士、宝を運べ!!」

 

f:id:spiritofsailors:20170425202544j:plain


ここではいくつもの障害に阻まれながら新米航海士の参加者自身が海図に決められた時間内に航路を引き、航海計画を作り上げるゲームです。手順に沿って行くと海図の基本的な使い方が身につき、自分の思考や他の参加者との目線の違いに気がつくようになっています。

新米航海士としてのスキルと、参加メンバーの思考回路をお互いに分かり合ったところで後半の本格帆船レースゲームに移っていきます!!

後半は実際に存在する海域の海図を使用し、チームに分かれてのシミュレーションレースゲームです、変化する海の状況、自分の操船スキルカードを駆使して相手より早くゴールに辿りつくことができるでしょうか!?
今回は横浜アナログゲームのイベントを主催しているゲームマスターのノブさんにも参加していただき白熱したレースとなりました!

実際に海の上で海図を覚えようとすると、現場(船上)での説明は臨場感があり覚えやすいのですが、船酔いしやすいという難点があります。興味はあるけどハードルの高かい海図教室、僕としても、ぜひみんなに航海には欠かせないこのアイテムに触れて欲しい!・・・そんな海図を通して海の上の気持ちになってもらえたとても楽しい講座になりました。
テキストはお土産用に持ち帰ってもらうことにして、一切使いませんでした。少し難しいことが書いてありますが講座を受けた人にはきっと興味を持って読んでもらえると思っています!

参加者として講座に参加してくれたハンダマメンバーから感想をいただきましたので掲載いたしまーす。

 

 

 参加メンバーの感想 

「はしやん」ハンダマクルー新メンバー

 

海図と聞くと何故かワクワクする自分がいる…
しかし、実際にはなかなか触れる機会も無かったので、参加させていただきました。

海図は、航海機器が発達した今では、少し時代遅れのツールなのかもしれません。

しかし、海図に航海プランを書き込んでいくとき、そこには自分なりの想いを表現していくことになります。
安全なルート?、スピード重視?、それとも楽しさ重視?
何を優先するかは、航海士となった自分次第。
そして、そんな個性を持った人たちが、今度は海図を使ってチームワーク…

あっという間の二時間でした。

 

参加メンバー感想

「ユカ」ハンダマクルー新メンバー

基本知識はもちろん、ゲーム形式で進んだ海図教室、楽しく参加させていただきました!
人それぞれ航海プランや海上での夢、同じものはないことを教室で発見しました。10人いたら10パターンの航海が出来る!

教室に参加するまでは海図からは”海には不思議な物語がありそうだな”と感じていました(+海のルールも)。
間違ってはいませんでした!海に出たくなり、もっともっと海のことを知りたくなりました。次回も参加したいです!

ありがとうございました。

 

 

 

この海の上の気持ち講座(ロープワーク講座と海図教室)は横浜での定期開催を目指したいと思っています!