「船乗りの歌を帆船で楽しむ Sea Shanty コンサート航海」開催決定!!

 

なぜスピリット・オブ・セイラーズは旅だ、セイリングだ、冒険だ、酒だ、歴史だ、環境だ、教育だとあちこちとイベントを組み、一貫性がないのだと言われることがある。

 

f:id:spiritofsailors:20180109152204j:plain

もっとわかりやすく、海の教育ならば教育、海の 新しい旅ならば旅を提案する会社、冒険やアウトドアならアウトドアの会社としてもっとわかりやすくすべきなんじゃないかと。

たしかに。僕もそう思う。1つに絞ろうと試してみたこともある。 しかし、どうしても僕の中でイメージしている世界、実現していこうとする世界は旅も、冒険も、アウトドアも、音楽も、酒も、歴史も、全て繋がっているので切り離せない。

それらを繋ぎ止めているものは帆船という乗り物だ。

f:id:spiritofsailors:20190321130123j:plain

風さえあればずっと走ることができ、海を渡るので世界中どこでもいける。

1人で動かすことができないから仲間との関係も大切で、海の上では電波も入らないし、歌を歌って音楽を奏でながら星を読む。

世界を渡ることができるスキルを持っているので各地の国の歴史文化にたくさん触れる機会があり、文化・歴史の違いを互いに理解したコミュニケーション能力も大切になる。

 

最近はみんな専門家になりたがり、専門家でなければ物事に対して発言してはならないような雰囲気を感じる。 それはきっとインターネットが普及して、情報は簡単に、大量に手に入るようになったけれど、いったいどの情報が本当に有益な情報なのかわかりにくくなってきてしまっているから、専門家という肩書きが発信側にも受信側にも必要になってきているということなんだと思うけれど。

 

専門家は必要だし、物事や好きなことを研究して追求していくことはとても素敵なことだと思う。けれど専門家ばかりでは世界はつまらない。

 

専門的に追求されたものの価値を理解し、繋げ、新たなものを生むきっかけを作る人間がこの世界を常にアップデートしてきたのだと思う。

なんだか世界を股にかけるビジネスマンの話をしている感じになってしまったけどそうではない。

 

インターネットや世界的な情報ツールがない時代すでにそのことを理解し、情報を武器に活躍していた奴らがいたのだ。彼らは陸上の窮屈なルールには縛られない。自分たちの命をかけ、地球規模の視野を持って自由に海を渡ってきた。

 

彼らを縛っていたのは唯一自然法則だけだ。

f:id:spiritofsailors:20180217212809j:plain

だから彼らは自然が起こす不思議な法則に精通していた。

星の運航を読み、潮の満ち引きを理解し、太陽高度を図り自分たちの位置を知った。

自然が起こす風でどこまでも自由に航行し新しい大陸を次々と発見し、地球という星を理解して解明しようとしていた彼ら。

彼らはどんな専門家でもなかったが専門的な知識に対する価値をよく理解していた。それらを総合し、応用して利用するスキルが備わっていたんだ。

だから僕らが帆船、船乗り、セイリングを語るとき、そこには自然への理解と歴史、文化への興味、人との関わりの大切さを表現したいとおもっている。

f:id:spiritofsailors:20180109151829j:plain



自由に海を渡っていた船乗りたちが歌っていた歌シャンティ。ロープを引き、力を合わせる時に歌われた労働歌。

その力強い歌声に出会った僕は一発で心を撃ち抜かれた。歌詞の内容は酒と女と故郷と港。単純でわかりやすい。

歌を教えてもらいたいけど英語も歌も全然できなかった僕は、仕事が終わってデッキで飲んでるクルーに混じっては歌える人を見つけて歌ってもらっていた。

 

今回、帆船日本丸を愛する男声合唱団と帆船みらいへ の協力でシャンティを体験できる航海が実現できることになった。 本当に嬉しい。沢山の人に来てもらいたい。ただ聞いてもらうだけじゃもったいない。

f:id:spiritofsailors:20181229100829j:plain

できれば自分が体験したように、自分も歌いながらロープを引き、セイルを広げ、デッキで船乗りのお酒を楽しめるようにしたい。

船乗りが飲んでいたお酒だとウィスキーやラムが思い浮かぶけどそれだけではない。イギリスの帆船に乗っていた頃、スペインで飲んだシェリー酒も忘れられない味で今でもよく飲んでいる。

沢山の面白い海のエピソードとお酒を楽しんでもらいたいとスピリット・オブ・セイラーズの酒保をしてくれている、シェリミュージアムの館長、中瀬航也さんにお願いしたら快くお返事くださり、みらいへのデッキに特別バーカウンターがオープンすることになった。

今回は、参加した皆さんと音楽とお酒をキッカケに海の扉を開いていきます。

 

僕らが伝えたいことは

「海は世界と繋がっていて、けして隔てるものではない、そして世界はどこまでも広く、人はとても小さい存在。けれど人は協力し、考え、知恵を使って地球上のどこまでも自由に航海できる存在なんだ。」ってこと。

f:id:spiritofsailors:20180104235629j:plain



よく世界は狭くなったていうけど、それは時間的に近くなっているだけで見たことないこと、経験したことないステキなことは、この世界には溢れている。 僕たちと一緒に海への扉を開きに来ませんか。もう一度言っときます。今回は音楽とお酒!

f:id:spiritofsailors:20190413214721j:plain

f:id:spiritofsailors:20190413214844j:plain


詳細はこちら⇩

船乗りの歌を帆船で楽しむ SeaShanty コンサート航海 | paymo (ペイモ) 

paymo.life

 

 カイ

 

 

帆船みらいへとヘリーハンセン 、スピリット・オブ・セイラーズコラボレーションの親子向け航海、参加者募集中!⇩

www.goldwin.co.jp

 

 🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタン  LINE Add Friend