帆船で世界に飛び出す!世界の海に飛び込む!ISPA TallShip Course始まる!

帆船で世界に飛び出す!世界の海に飛び込む!ISPA TallShip Course始まる

 

この夏、僕たちスピリット・オブ・セイラーズは世界の帆船に留学できるISPA TallShip Courseをスタートします!

f:id:spiritofsailors:20190709140729j:plain


 

海外の帆船経験が豊富なインストラクターから世界の帆船に通用するスキルを学び、コース修了後はオーストラリア・スウェーデン・カナダの留学先をインストラクターの紹介状とともにご紹介します。

 

f:id:spiritofsailors:20190709140843j:plain

留学と聞くと真っ先に思い浮かぶのが語学留学ですが、現在ではただ外国語を勉強するだけの目的で、海外に行くモチベーションにつながらない。語学だけではなく、自分の人生に役に立つようなスキルを磨く体験を留学中に経験したいなど目的を持った留学動機が多く、様々な体験型留学があります。

 

僕たちがスタートさせるのは“帆船”に乗って世界各国から集まるクルーの仲間と共に働きながら海を渡り、世界の海を経験できる。そんな留学の入り口です。

 

インストラクターを務める僕自身も“語学”が目的ではなく“経験”を求めて海外留学を決めた一人でした。

海外留学を決めてから、英語の勉強は一切せずに渡航し、右も左も分からないまま船に乗り込みました。船上では会話の全てが英語だったので最初は全く意味がわからず苦労しましたが、自然と仲間ができ、英語もみるみる分かるようになりました。読み書きはなかなかどうして勉強しないと身につかないもので今でも苦手です。しかし、英語が苦手だとは一切思いませんし、外国の方と初めてあっても堂々としていられる自信と経験がつきました。

 

なぜ、英語ができない僕が自然と仲間ができ、船での留学が続けられたか?

それは帆船に対しての知識と経験でした。5つの理由と共に説明します。

 

 

f:id:spiritofsailors:20190723162407j:plain

・帆船ではほとんどの部品や用語が英語から由来しています。

そのため日本で帆船での経験が少しあった僕は会話の端々に出てくる用語や場所の名前などはすぐに聞き取れるようになりました。初めて乗る英語が母国語のクルーも帆船で使う独特の用語は初めて聞くようなものが多いようで、英語がわからない僕の方が先に理解するというようなこともありました。

 

・船での安全な移動の仕方や過ごし方を知っていたので、無理をせず自分のペースで移動したり、物を運んだり自由に動けました。

そのため他のクルーを手伝う余裕ができ一緒に作業したり、物を運んだりしてお礼を言われたり会話のきっかけができたりしました。

 

・船ではご飯が出る!

みんなでデッキで食べるご飯は美味しかったです。最初は一人で端っこで食べてましたがそのうちみんなでワイワイ食べるようになりました。言葉のわからない世界でご飯の心配がいらないのは安心でした。

 

・プライベートの時間はトイレとシャワー以外ありません。

人によってはキツイかもしれませんがクルーは相部屋で過ごし、船では自分のベット以外は全て公共の場所として過ごします。トイレ、シャワーはみんなの共有のものであり、ベットも船から借りている場所です。だから住処としての船も自然と「自分の場所」というより「みんなで守ってる」ものとして船を認識していきます。裏を返せば常に誰かが待っていてくれる家みたいです。時には文化の違いでぶつかることもあるでしょうが、クルーとは家族のようにとても大切な存在となっていきます。

 

・いろんな奴が世界中からやってくる。

そんなこと言ったって、コミュニケーション能力が高くないとできないんでしょ?なんて声が聞こえてきそうですが、帆船は世界中にあり、世界の帆船からいろんな奴がクルーとして乗船してきます。明るい人もいれば、落ち着いた人もいます。みんなそれぞれ個性的で、自分も素直でいていいんだと教えてくれます。自分のことがとっても好きになれる(たまには落ち込みますが)時間をくれます。

 

上記以外にも紹介できる理由はあるんですが、僕はこの上の5つのことを日本ですでに知っていました。しかし、これは体験的に知っていただけで、ちゃんと言葉にして理解していたわけではないんですよね。日本に帰国してから気づきました。これをもっとしっかり学んで知っておけば海外での経験はもっと早く現地の文化や環境に慣れることができるし、経験も豊かなものになると思いました。

 

こんな素晴らしい経験ができる海と帆船をもっと広めたい。もっとたくさんの人に帆船に乗ってもらいたいと思い、僕は日本で帆船事業をしようと決めました。

 

陸上では体験できない世界

世界中から集まる仲間と共に過ごす船での生活は多くの刺激と新しい世界を教えてくれました。文化の違い、習慣違いを乗り越えてのコミニュケーションは国際的な教養が必要で、英語だけでなく、毎日たくさんのことを教えてくれます。

帆船では帆を広げ風を捉えて船を進めます。エンジンを止め、風と波の音だけが響き大きな船が自然の力でダイナミックに走る感覚は人生に必要な素晴らしい経験です。

帆船で覚えた経験や知識は世界中の帆船と共有できるスキルなので、「帆船」を渡り歩き世界中の海や国を巡ることも可能です。

何より海の景色は最高です!!

f:id:spiritofsailors:20190709140610j:plain

帆船は帆を広げ、海を風で走る船なので特殊な世界ではありますが、乗るために特別なスキルが必要なわけではありません。

しかし、海外での帆船留学をお勧めする時に、身につけておいた方が役に立つスキルがあること、そして最初の一歩がなかなか難しいことがわかりました。

 

そこで、

世界の帆船で役に立つスキルを身につけられる実践的なコースとしてトールシップコースをスタートします。

このコースは、カナダに本部のあるセーリング技術を認定するISPAの帆船の技術認定サーフィティケートである、TallShip Novice Crew/Competent Crew 取得を目指します。出発前にここで用語や技術といったスキルをしっかり身につける事で安全に現地での活動ができ、また環境に慣れるのも早くなります。

そして、最初に乗る帆船を自分で見つけるのは至難のわざです。乗船までのサポートをする必要があるので、僕たちのクルーと親交があり、受け入れてくれる帆船をご紹介することにしました。

サーフィティケート認定後は本人の希望を聞き、面談の上インストラクターからオーストラリア・カナダ・スウェーデンの帆船やセイルボートに紹介状を発行し乗船までの紹介・サポートを行います。

 

受け入れ先の案内

 

オーストラリアでは建造から100年の本格木造帆船にクルーとして乗船し世界中から集まるクルーの一員として船上生活しての帆船留学が可能です。乗船中は船に寝泊まりし、食事の提供もあります。渡航費(往復航空券、保険、ビザ申請費、現地での滞在費その他)以外は特にかかりません。期間は一週間~一年以上

 


Living Ships

 

カナダではバンクーバーからISPAインストラクターと共にセーリングや小型のセイリングボートの操船・航海について学べるコースをご紹介します。別途10日間プログラム受講料20万円~35万 + 渡航費用(往復航空券、保険、ビザ申請、現地での滞在費(プログラム前後に近くのホテルに滞在します)


Spirit of Sailors at Vancouver ISPA

 

スウェーデンではバイキングが使用していたロングシップと言われる木造帆船の完全復元船にクルーとして乗船し、無人島や素晴らしい海域をめぐるワイルドな航海体験ができるコースをご紹介できます。乗船料(食費など実費)+ 渡航費用(往復航空券、保険、ビザ申請、現地での滞在費(プログラム前後に近くのホテルに滞在します)


Helga Holm sailing without sail

ホームページwww.helgaholm.se. ←スウェーデン語です。

 

現地では私たちスピリット・オブ・セイラーズと親交の深いスタッフが暖かく迎えてくれます。

 

 

8月からスタートして隔月でコースを開催します。6日間のコースを二週に分けて3日間ずつ行います。

・コース料金+テキスト代¥185,000(税別)

・船内での食事は食材を用意いたします。そのほかの飲食物は個人負担となります。

・希望者はコース内で使用するツールを揃えたスタートアップキット

(レザーマン、コンパス、ロープ・海図(フルサイズ))¥17,000(税別)

も購入できます。

 

お申込みは下記のメールアドレスに

・お名前

・年齢

・性別

・スタートアップキット希望の有無

 

を記入してメールのタイトルに「トールシップコース希望」とお書きになりお問い合わせ下さい。

 

第一回目

2019年 8/28-8/30   9/4-9/6 

駿河湾をフィールドに伊豆半島を航海します。

使用船舶:帆船Ami

乗船地:沼津

下船地:沼津(予定)

 

 

 

Q&A

 

Q.どんな事を学ぶんですか?

A.ISPAのワークブックを使用しながら帆船の歴史、扱い方、航海技術、天候に関する知識など世界の帆船に乗船するのに必要な事を実際の帆船に乗船し、航海をしながらインストラクターと共に学びます。詳しいプログラムが必要な方はお問い合わせください。

 

f:id:spiritofsailors:20190514111931j:plain

Q.女性一人でも受講可能ですか。

A.女性スタッフが同行しますので安心です。

 

 

Q.英語が出来ないのが心配です。

A.帆船の用語は基本的に全て英語なのですが、日本でしっかり学べば船の上ではほとんど困りません。コミュニケーションは帆船では不可欠なので、仲間と航海してるウチに自然と生きた英語が身につきます。何より効果があるのは英語に対しての苦手意識がなくなります!

 

Q.試験などはありますか?

A.受講内容を理解しているかを判断するために効果測定をインストラクターから行います。

 

f:id:spiritofsailors:20190723164521j:plain

Q.危険はありませんか?

A.海に出て活動をしますので危険が伴います。しかし、インストラクターの安全管理のもと安全には配慮したコースとなっています。

また海外でも海の上で自分の身を守ることができるスキルを身につけるためにこのコースを行いますので、安全に関する講習もコース内で十分に行います。

 

Q.6日間の休みが取れません。

A.3日間のコースを分けての参加も可能です。

 

Q.留学期間はどれくらいですか?

A.1週間から1年間ほど可能です!短い日程も可能で、何度もチャレンジできます。チャンスを掴めば1年以上の延長も難しくはありません。

 

Q.コース費用はどれくらいかかりますか?

A.参加費用は6日間で

・コース料金+テキスト代¥185,000(税別)

となります。

・船内での食事は食材を用意いたします。そのほかの飲食物は個人負担となります。

・希望者はコース内で使用するツールを揃えた(コース内ではナイフを使用します)

コース内で使用するスタートアップキット(レザーマン、コンパス、ロープ・海図(フルサイズ))¥17,000(税別)

も購入できます。

 

 

Q.コース修了後、留学ではなく、日本では乗船のチャンスありますか?

A.Competent Crewサーフィティケート認定後は私たちスピリット・オブ・セイラーズの航海・帆船みらいへ にサポートスタッフとして参加できます。インストラクター資格取得への道も開きます。

 

《お問い合わせ先》

 

スピリット・オブ・セイラーズへのお問い合わせ

 

その他にも一泊2日で帆船乗って海にキャンプに行く!OceanCampも受付中!

⚓︎ Ocean Camp

 ・8月26日(月)〜27日(火)

Ocean Camp in 沼津・静岡 8月 in静岡 - パスマーケット

passmarket.yahoo.co.jp

 ・9月2日(月)〜3日(火)

Ocean Camp in 沼津・静岡 9月 in静岡 - パスマーケット

passmarket.yahoo.co.jp

 

🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタン  LINE Add Friend