読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア研修!

やーーーーー海外研修!!

 

みなさんこんにちは、オーストラリアはシドニーのSydney harbor tallshipに研修に行ってきました。

そうです!メンバーのエリが頑張っている会社でもあります。

f:id:spiritofsailors:20170213152352j:plain

研修の目的は、短時間の航海で実績を上げているこの会社の航海内容、乗組員の募集、労働環境、乗組員の教育、航海とメンテナンスのバランス、ゲストの満足度やメインターゲットの状況を知ること。
帆船購入のマーケットのあるオーストラリアに実際に買える帆船はどのような状態で売っていて、写真では分かりづらい細かい内容の見学。

 

 

2時間で満足度の高い航海を!!

Sydney harbor tallshipでは航海時間が2時間と短い。いくつかの航海に種類があり、役者が乗ってきて海賊劇を演じたり、バンドと共に帆船の歌や海に関する歌なんかが演奏される航海や食事とお酒を楽しむ航海、貸切、レーザークレイ射撃航海なんてのもある。
どんな航海もゲストは満足度は高く、みんな笑顔で下船していく。リピーターも多いそうだ。

f:id:spiritofsailors:20170213153111j:plain

ホストと呼ばれる案内役がゲスト共に乗り込んできて船内の案内、Sydney湾の説明、歴史、観光スポットの紹介、おもしろ冗談までずっとゲストのサポートをしてくれる。クルーはそれぞれの役割を持ち、リーダー役のクルーとホストが連携しながら短い航海を一つのエンターテイメントに仕上げていく。
ゲストは好きなように過ごし、マスト登りやセイルのロープを引いたりして帆船たいけんをできるようになっている。完全なエンターテイメントとしての帆船の使い方に針が振り切れていて一つのやり方としてとても清々しい。

 

f:id:spiritofsailors:20170213152117j:plain

 

 

航海を体験出来る臨場感

自分の考えている帆船事業と方向性は少し違うけど帆船の持つ独特の臨場感が強く出ているのはなぜなのか?と不思議な感じがしていました。
もっとドライな感じになってもいいのに。と思いながら仕事が終わり、無人島の停泊地に帰り着き、シャワーを浴びて昼間の騒ぎとは打って変わって落ち着いたデッキで一人ビールを飲みながら、食堂で楽しそうにおしゃべりするクルーをみる
「そうか、クルーはこの船に住んで、帆船と共に日々を過ごしてる。ここは彼らの活躍するデッキで、彼らも自分たちの船として船を動かしている。そこには航海を共にする独特の雰囲気や臨場感が生まれるのは当然だな」と思った。

使っている道具、匂い、音、ロープの手触り、ゲストの見るもの感じるもの全てがクルーを通して航海への臨場感につながっていく。

 

最初はよそよそしかった自分自身やクルーの距離感も3日も過ごすとすっかり打ち解けて一人のクルーとして帆船を動かす楽しさ久しぶりにどっぷりと浸からしてもらいました。

f:id:spiritofsailors:20170213152343j:plain

f:id:spiritofsailors:20170213152333j:plain

f:id:spiritofsailors:20170213152322j:plain

f:id:spiritofsailors:20170213152308j:plain

f:id:spiritofsailors:20170213152257j:plain

f:id:spiritofsailors:20170213152614j:plain


10日間帆船に寝泊まりさせてもらいクルーと共に過ごして、間近で成功している帆船事業を見せてもらい本当に楽しくて、また情熱が湧き上がるのを感じたとても良い時間でした。

 

6年ぶりに憧れの人と出会う

詳しい話はとても書き切れると思えないんですが、オーナーの家に招いてもらい、出会った6年前と変わらず帆船とSydney湾の素晴らしさについて熱く語るオーナーに涙ぐむくらいの感動をもらえました。

f:id:spiritofsailors:20170213152324j:plain

f:id:spiritofsailors:20170213155253j:plain


Sydneyでの事業の状況
係船費用、メンテナンス費用、給与、船体の管理に関わるいろいろな話を聞かせてもらった、驚いたのはSydneyと言えばヨット、セイリングスポーツのとても人気のある都市。けれど船の維持管理に係る費用は結構高いということ。安いから人気があるとか、セイリングスポーツが浸透ているわけではない事に不思議な思いがした。

f:id:spiritofsailors:20170213152744j:plain

 

 

 

継続的にSpirit of Sailorsから研修を受け入れてくれる事に!!

Sydney harbor tallshipでは様々な国からクルーを受け入れていて日本人のクルーも過去にたくさんいたようです。
Spirit of sailorsからのクルーの研修をこれからも継続的に受け入れくれる事や、船長をしているアンディという人からは、日本〜アメリカ間で活躍し、日本語の話せる友人で帆船ブローカーの方を紹介してくれる事になり、帆船探しやマーケットへの道がぐっと近くなりました。

こんなにも思わぬ歓待や日本での帆船事業に興味を持ってくれるのは、帆船に関わる人たちの消えない情熱やSydneyの人々のセイリングに対する深い理解や愛情だと思う。

 

 

そしてたった4ヶ月で航海を統括する役にまでなったメンバーのエリの頑張りだ。こんな素晴らしい人たちと関わっている事ができる、帆船に出会えて本当に良かったと思っています。

f:id:spiritofsailors:20170213152223j:plain

すっかり逞しくなったエリ!頑張って下さい!!夏の瀬戸内航海には手伝いに帰ってきてくださいね!

 

研修の目的以上の成果が出たことはとても嬉しく、オーナーのマーティー・ウッドの情熱に尊敬を感じた。
これから自分たちの作っていく事業にはずみがつきました!
ぶんごーは夏の瀬戸内海での航海に向けて現地調査中!!

今年の私たちSpirit of Sailorsにご期待ください!