【航海予定!イベント&お問い合わせ先】

《航海、イベント予定》

 企み中

 

《出張イベント&お問い合わせ先》

■ロープワーク講座「帆船乗りが教えるたった一つのロープワーク」

■海図教室「当時の海図からみるペリー来航」

スピリット・オブ・セイラーズへのお問い合わせ


 

 

 

神戸で会いましょう!

7月15から17日、神戸港に帆船が集まります!!

日本で沢山の帆船が見れる...!

そこで私たちは海図&ロープワークイベントをします!

題して

「自分の航海計画を作ろう!&一秒で結べるロープワーク!」

f:id:spiritofsailors:20170708181508j:image

 注・写真はイメージですが...

当日は普段うずしおを日本一近くで見れるクルーズで有名な咸臨丸さんの中で、海図やロープの本質を体感するので臨場感たっぷりです!

(写真はシドニー海洋博物館所蔵のエンデバー、キャプテンクックのサロンです!)

 f:id:spiritofsailors:20170709082219j:image

航海訓練所の船も史上初、五隻集まる!ということで、帆船密度がぐっと高まる7月17日、神戸海フェスタで会いましょう!!

 

神戸港150年海フェスタ神戸ボート天国

会場:咸臨丸
日時:7月17日、11:00~12:00 13:00~15:00
料金予定:海図1500円(小学生以下500円)、ロープ500円

 

帆船バカたちが待ってます!

 f:id:spiritofsailors:20170709082313j:image

 

エリ

7月22日、23日航海中止のお詫びとお知らせ

本日はお知らせが2つあります。

 
1つ目は、メンバーのブンゴーさんがSpirit of Sailorsを辞めるということです。
ご本人から昨日「団体で活動することへのモチベーションがなくなったので、ただいまをもちましてスピリット・オブ・セイラーズでの活動から手を引きます。」との連絡がきました。
団体としては突然のことにとても残念におもっていますが、メンバーの自由意志と決定と受けとめています。
 
2つ目は7月22日、23日に予定されていた瀬戸内海三原〜大三島航海「海賊の海、神の島」ですが、セーリングマスター(責任者)のブンゴーさんが不在の中では安全管理上航海を行うことが出来ず、航海を中止にすることを決定しました。
今回、御申し込みいただき、すでに振り込みの完了している方は、全額返金させていただきます。
突然のお知らせとなり、御申し込みいただいた皆様、またご協力頂いていた関係者の皆様には大変申し訳ございません。
お詫び申し上げます。
 
 
Spirit of Sailors

遊び上手は自分でルールをつくる

ついにシドニーから日本に帰ってきました!!

f:id:spiritofsailors:20170701205657j:image

久しぶりの日本食に、つい食べすぎて少しお腹が痛くなっているエリです

 

最高のクルーとの別れに後ろ髪をひかれるおもいと、今が一番のタイミングで日本での活動を楽しみにする気持ちの両方を感じながら羽田空港に着きました

 

帰って来て、オーストラリアでは気づかなかったシドニーに行く前との自分の変化を感じています

懐の深いオーナーの船で沢山のことにチャレンジしながら、「自分が何をいいと考えてどういう手段をとるのか」自分の基準を考えていました

何故なら各国出身の多様な価値観、倫理観をもったクルーが集まるとパンケーキの作り方一つ、掃除の仕方一つとっても違います

 

「こうするのが当たり前」という"常識"がない場所で、お互いの考え方を知り、自分の考えも理由と一緒に伝えることを繰り返していました

f:id:spiritofsailors:20170701213800j:image

"当たり前"がなくなったのが大きな変化です

 

最初の写真は、船から渡されたロープの上をいかに落ちないようにして移動するか、という遊びをしているクルーです

結局海に落ちていました(笑)

彼らに自由なものの見方をみせてもらって、私はその風を日本の海にもって帰ってきたくて帰ってきました

f:id:spiritofsailors:20170701214536j:imagef:id:spiritofsailors:20170701214549j:image

 私を住まわせてくれた美しい彼女たちにありがとう!

 

日本の夏が始まります

 

 

エリ

 

少し参加しやすくなりました

こんにちは。ぶんごーです。
7月22,23日の体験航海イベントぽつぽつと予約が入り始めています。
ご参加をご検討のみなさまはお早めにお申し込みください。

さて募集開始してからいろいろと問い合わせをいただいています。
多いのは「子供の参加は可能ですか」というもの。
企画の内容などから楽しめるのは大人かなと思い子供料金の設定はしていませんでしたが、問い合わせが多いので子供料金を設定することにしました。
中学生、高校生はおひとり様 7,000円 とさせていただきます。
比較的長い時間航海したり、その後で街歩きなどもあるので小学生のご参加は少し厳しいかなと思いますが、その点を踏まえた上で参加を希望される方は直接ご連絡いただければ対応させていただきます。

また家族や友人同士で参加する際の割引などについても数件お問い合わせがありました。
こちらも検討いたしまして、大人2名様以上でまとめて申し込まれる際に割引料金を適用することにいたしました。
こちらはお一人さま 9,000円 とさせていただきます。
これまでにお申し込みいただいた方でも改めてこちらの割引を利用することが可能ですので、ご希望のある方はご連絡ください。

イベントの詳細はこちら↓

http://spiritofsailors.hatenablog.jp/entry/2017/04/30/060000

参加申し込みはこちらのリンクから↓

https://goo.gl/forms/YpRLTALRyDg9absi1

=================================================
物語航海#001
      「海賊の海、神の島」

尾道今治を結ぶしまなみ海道
本州と四国を結ぶこの道ができたおかげで、今では瀬戸内海に浮かぶ島々も簡単に行き来できるようになりました。

では、橋ができる前の時代人と海との関わりはどんなものだったのでしょうか?

このイベントでは風の力で走る帆船で瀬戸内を航海します。
中世から現代まで、海からの視点で海や島、街を見つめ直した時に、どんな景色があなたの前に現れるでしょうか?

■日時

2017年7月22日(土)23日(日)
広島県三原市 三原港 8時30分集合
愛媛県今治市 大三島宮浦港 15時解散
*両日とも同じ内容になります

■募集定員
各日 15名

■参加費
12,000円

中・高校生 7,000円

2名様以上でのお申し込み お一人様 9,000円

■使用する船舶について
帆船Ami   2本マストトップスルスクーナー 20人乗り 50フィート

http://www.schooner-ami.com/index.html

■物語航海とは?

海を軸として地域の物語を発掘し、その物語を体験する航海です。
ただの移動手段ではなく地域の持つ物語を深く知り、感じるための航海を提案します。
これからも海から生まれた様々な地域の物語をみつけだし、ステキな航海をお届けします。

f:id:spiritofsailors:20170627113302j:plain

帆船乗りどものトレーニング〜安全を考える〜

f:id:spiritofsailors:20170622151614j:plain

"A ship in the harbor is safe, but that's not why ships were built."


安全を考えることは自分たちの活動の根本を考えること

船って危ない。海って危ない。本当に危ない。
危ないからかっこいいとか勘違いしてはいけない。危ないものは危ないんだ。


じゃあ、どうしたら船での事故、海での事故をなくすことができるんだろう。

それは船を出さず、海に行かないこと。

安全ということ考え始めるととめどない膨大な危険な可能性と自分たちはいつも隣り合わせになっていることに寒気がしてくる。
ではなぜ僕たちは船を出し、船を操り、海を渡るんだろうか。

そこには自分の能力に可能性がたくさんあるということ、一人ではできないことが仲間と力をあわせると軽々とこなせる力が出せるようになること、自分を大好きになれるたくさんの出来事が起きることに魅せられているから。たくさんの人とその体験を分かち合いたいし、自分の見てる素敵な景色をいろんな人に見てもらいたい。紹介したい。一緒に感じていたい。

だから「一緒に海に出ようぜ!航海しよう!!」って言い出しっぺの僕たちは「安全」に対して責任を持つ必要がある。膨大な危険になり得る可能性の芽をしっかり正面から見つめなおし、何が危険で、なにが自分たちにとって必要なことなのかを見極めていくことが大切だ。
メンバー一人、一人、個性があり、経験が違う、その中で僕たち帆船乗り集団が危険とみなすものは徹底的に協議して、不必要な危険は確実に排除しなければならない。

 

ではやっぱり海には出ないほうがいいんじゃないの?

 

本当にそうなのだろうか、危険という言葉ですべてを排除することは「挑戦」という大切な事まで奪ってしまうことになるのではなのだろうか。

キャンプに行くときにも危険は伴う。キャンプはもともと野営・野宿だ。
子供にナイフ一本もたせて一週間山に篭ってこいというのはあまりにも無謀で、無茶な危険な行為だ。
しかしきちんと指導・サポートすること、環境を整えることにより、火の扱い。刃物の取り扱い、野外での過ごし方、危険生物、テントの立て方、怪我への対処・・・たくさんあるリスクを小さくすることはできるはず。そこには野外での「挑戦」がたくさん詰まっている。だからキャンプはたくさんの人を惹きつけている。

海でも同じだ。かなり特殊な環境にはなるけども、海に船を出し、風の力を使い航海を成し遂げることへの喜びは僕にとって人生をかけてみんなに伝えていきたこと。
そこに発生する「挑戦」へのリスクを最小限にするにはどうしたら良いか、自分たちのハードスキル、危険に対応できる技術を身につけることはもちろんのこと、それは自分たちの活動の根本を見つめ、伝えたいことを抽出し、そこに発生する不要な危険は排除していき、挑戦に伴うリスクには対処して、できるだけ小さくしていく努力を常に怠らないことだ。
キャンプみたいにたくさんの人がセイリングが楽しめるようにしていきたい。
これからもこの活動を続けていく限り、この安全への挑戦を僕は絶対に止めたりはしない。

Spirit of Sailors では安全管理マニュアルを関係団体である

プラムネット 体験活動リーダースアカデミー
http://www.fieday.net/ac/
からの指導を受けて作成し、メンバーは体験活動における安全講習を受け、アクティビティーセイフティーマネージャーASM,
アクティビティーセイフティーリーダーASL資格を取得して体験活動に関する安全意識の向上と活動の安全に対して取り組んでいます。
これからも私たちの安全に関する情報を更新、発信していきます。

 

 

 

全然知らない島の人にメールした話

こんにちは。ぶんごーです。
7月の瀬戸内海での航海「海賊の海、神の島」では当日も色々な方に関わっていただきます。
村上水軍博物館、学芸員の田中さん。
今治北高校大三島分校の生徒さん。

「瀬戸内海で航海を企画したい」という勢いだけで企画を始めてのですが、実は大三島には全く伝手がなかったのです。
三原から大三島までクルーズして大山祇神社まで歩く、というのを自分たちだけでアテンドしてもよかったのですが、それだと何か足りない気がしていました。

やはり地元の人や地域の歴史や文化に詳しい人に関わってもらうと重みが違いますよね。
ということで全くのゼロ、なんの当てもないところからこの企画に関わってくれる人を探し始めたのです。

で、最初、少しだけご縁のある団体さんにこちらの企画意図を伝えて、地元でこんな活動をしている人を探したいのでお手伝いを、とお願いしました。
「わかりました、ちょっと動いてみますね」というお返事をいただいたのですが・・・それから一ヶ月なんの連絡もなく・・。

いや無理筋だとはわかっていたんです。
ウチは広島とか愛媛にはなんのご縁もない団体だし、実績もないし、帆船での航海っていうよくわからない企画だし。
なので無理なら無理って言ってくれればよかったのに・・。

もうあそこは当てにしない、そう心に決めたとたんに心に何かのスイッチが入ってしまいました。
大三島で活動している地域団体団体はいくつかリサーチしていたのですが、その中の一つにいきなりメールを送りつけるという暴挙にでました。

知り合いでもなく、誰かに紹介されたわけでもありません。
「こういうことしたいんだけど、こんな活動している人とかこんなことに詳しい人がいたら紹介してください」
メール送信後数日は返事がありませんでした。
変なテンションから落ち着いて改めて考え直してみて、知らない人のいきなりのリクエストにわざわざ対応してくれるはずはないよなあと反省していました。

が、その数日後に大変丁寧なメールが届きました。
そしてリクエストした条件にドンピシャの方をご紹介いただいたのです。

後日、直接お会いしてお礼を申し上げたところ、
「企画の内容が面白そうでしたし、具体的に探している人のイメージも明確で、紹介できそうな人の心当たりがもうあったのですぐに動けました」とのこと。
いやまあ、だとしても本来業務でもなんでもないことに迅速に対応していただいて感謝の限りです。

大三島の人はやさしい。


航海の詳細、お申し込みはこちらから↓

spiritofsailors.hatenablog.jp

 

f:id:spiritofsailors:20170429143245j:plain