【航海・イベント&お問い合わせ先】

”日本一楽しい航海をする帆船乗り集団”

スピリット・オブ・セイラーズとは

日本の海に帆船が溢れ、誰もが海洋冒険を体験できることを目指しています。
スピリット・オブ・セイラーズは、海に出たい人のやりたいことを実現する場所です。

spiritofsailors.com

 

《航海・イベント》 

 

・大海原に出る前に知っておくべきこと

【帆船乗りの基本〜安全編〜】

5月22日、横浜にて安全についての研修を行います。

ASL(Activity Safety Leader )体験活動セイフティーリーダー 参加者募集中!

大海原に出る前に知っておくべきこと【帆船乗りの基本~安全編~】 - paymo (ペイモ)

paymo.life

詳細↓

spiritofsailors.hatenablog.jp

 

 

・出張海図ワークショップ「人生の航海計画」

詳細はこちら↓

spiritofsailors.hatenablog.jp

  

 

《お問い合わせ先》

スピリット・オブ・セイラーズへのお問い合わせ

 

Line@はじめました!

🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタン  LINE Add Friend


 

 

環境探査船、タラ号!

 

フランスの環境探査船、スクーナータラ号に会いに行ってきました!

 

f:id:spiritofsailors:20180519153152j:image

f:id:spiritofsailors:20180519171200j:image

 

南極にも行ける、氷に潰されない為の平で丸いアルミ製の船底。

 

f:id:spiritofsailors:20180519172346j:image

 

丸いコクピット

 

この船が30年前に作られた時は、今以上に未来的に感じられたのではと思います。

 

f:id:spiritofsailors:20180519154216j:image

 

フランス人のクルーの方が船や環境について話をしてくれました。

 

海水中のマイクロプラスチック問題の話。

 

研究内容をオープンにして、誰でも共有できるようにする代わりに、研究者はタラ号に食費負担だけで乗って研究ができるというシステムの話。

 

いい食事はいい船長よも重要だという話も(笑)

最後は他のクルーの方が鐘を鳴らしながら昼食を知らせていました。

 

f:id:spiritofsailors:20180519173132j:image

 

マストに登っていたクルーの靴は、オーストラリアの現場の人がよく履いているブランドストーン!

 

船の上でフランスの空気感を感じながら(行ったことはないけど!)、丁寧に環境や船の話をしてくれたタラ号とクルーの方々をいいなあと思いました。

 

 

ドローン、家電、車、電子海図、海の環境問題・・

最近、身の回りにあるものの変化から感じる、来るであろう未来についてよく考えをはせます。

 

近未来に、船は? 帆船は?

どんな役割をするのだろう?

 

今自分が感じている、帆船が乗った人にくれる体験の意味の方向性や、

海が教えてくれること、セイリングの体感の方向性は変わるのだろうか?

 

 

今日はタラ号に出会って、アニエス・ベーが環境活動のために支援しているこういう船の形もあるんだなと感じました。

 

f:id:spiritofsailors:20180519174126j:imagef:id:spiritofsailors:20180519174142j:image

 

午後は、海上保安制度創設70周年記念観閲式から戻って来る船を見に行きました!

風に吹かれながら、話したり、ピクニックしたり、写真撮ったり、そして風強かったです(笑)

 

f:id:spiritofsailors:20180519174201j:image

エリ

 

 

5/22、アウトドアの体験活動における指導者を育成するための研修をメンバーで受けに行きます。

体験活動でのリスクマネジメントに興味ある方、ぜひ一緒に行きましょう。

paymo.life

医療現場や保育、教育現場でも活用されているスキルです。資格認定もされます。

どんなことが学べるか。

・体験活動における指導者の法的責任を理解することによって安全に対する意識を身につけます。
・座学だけでなく実習におけるディスカッションや体験を通して実践力を身につけられます。

・体験活動における事故を未然に防ぐと言う指導者に必須のリスクマネジメントの基本手順について学びます。

ASL(Activity Safety Leader )体験活動セイフティーリーダー

体験活動セイフティーリーダー(ASL) - 体験活動リーダースアカデミー

 

 

🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタンLINE Add Friend

スピリット・オブ・セイラーズの魅力ってなんだ。 こんなことが待ってる。こんなメンバーが待ってるって話。

まず、スピリット・オブ・セイラーズは何をしている団体なのか?

 

帆船みらいへや帆船Amiをお借りしてイベントを行ったり、

f:id:spiritofsailors:20180302004058j:plain

帆船みらいへ

f:id:spiritofsailors:20160522075626j:plain

帆船Ami

f:id:spiritofsailors:20180309192451j:plain

帆船みらいへでのイベント風景




海図教室をやったり、

f:id:spiritofsailors:20170425202544j:plain



高校のヨット部の合宿にインストラクターとして参加したり、

f:id:spiritofsailors:20170814132427j:plain

船にネットを作ったり、

f:id:spiritofsailors:20170728154743j:plain

f:id:spiritofsailors:20170728152946j:plain

メンテナンスしたり、

f:id:spiritofsailors:20160326152859j:plain

f:id:spiritofsailors:20170218171536j:plain

 

帆船に乗ってインストラクターとして航海に出たりしています

f:id:spiritofsailors:20171121182422j:plain

f:id:spiritofsailors:20180323001116j:plain

 

先日、スピリット・オブ・セイラーズの活動に興味があるという方に会う事ができ、自分たちの活動内容や、その方自身が僕たちの団体どんなところに興味を持てくれたのかというお話をさせてもらった。とても楽しい時間でその人の「世界を見てみたい」と言う情熱に僕もワクワクして時間はあっという間に過ぎてしまった。

話してる中で「スピリット・オブ・セイラーズはメンバーを募集しているけど、メンバーの定義や、申し込みの仕方がいまいちぼやっとしていたから話を聞いてみようと思った」といわれ、既にメンバーの森さんにも同じような事言われたなーと、嬉しいやら申し訳ないやら・・・笑

 

もしかしたら、メンバーになりたいけど、ぼやっとしているからならないという人もいるんだろうなーと思った。
というのは、自分たちが、何か特別に会員証や会員特典なんかを提供できるわけじゃないから大々的にメンバー募集する事に気が引けている面や、
“メンバーシップ”の定義をきちんとしておらず、好きな関わり方をしてもらいたい。

 

「メンバーだから〜をしなければならない」ではなくて自分がやりたい事を好きなだけ、僕らのテーマは海洋冒険だから、海での冒険体験を一緒に体験したり、一緒に作っていったり、自分自身が誰かに提供したりできる場所にしたいと思ってる。

例えば、冒頭に話した先日会った人は「帆船で世界一周したい」と強く願っていて、僕たちと一緒に活動すると帆船での世界一周は可能なのか?みたいな事を聞きたかったようだったのでお答えした。

 

答は“ YES !”

 

けれど、僕たちにお金を払えば、何もせずにすぐに帆船世界一周させてあげられるかと言うと答はNO。

 

どういう事かというと、僕たちメンバーには海外での帆船経験が豊富なメンバーが揃っている。世界一周をしている帆船の情報を提供する事ができる。

オーストラリアのシドニー・ハーバー・トールシップと言う会社にはスピリット・オブ・セイラーズで帆船研修をした人はそのシドニーの会社の帆船に研修として乗る事ができる。

f:id:spiritofsailors:20161221215606j:plain



そこには世界中から帆船乗りやバックパッカーが集まっていて、シドニーの帆船のオーナーも素晴らしい船乗り。そこで情報やスキルを磨けばさらに世界は広がって、帆船で働きながら(お金をもらいながら正規のクルーとして帆船で世界一周)する事も全然不可能な事なんかじゃないし、時間はかかるけど僕たちと一緒に帆船事業を作り、帆船を手に入れて世界一周帆船の旅を企画したって構わないと思う。

ただ、乗ってみて「船酔いがきついから諦めます」ってなったらそこでおしまい。僕たちができる事というのはとても少ないんだけど、みんなの「海でこんな事してみたい」と言う経験の門を開く事はきっと何か役に立てると思っている。

 

だから今のスピリット・オブ・セイラーズは

「お金を払うとこんな事がうちではできますよ!もらえますよ!」と言う事ではなく

 

「自分がどんな事を僕たちと一緒にやってみたいか、興味がある事をどれくらいまで突き詰めていきたいか」

 

によって、このスピリット・オブ・セイラーズでのその人の活動内容や活動レベルが決まってくるのだと思ってる。
もちろんこれから団体のシステムはどんどん整備はしていきます。そんな事も含めて一緒に活動できるメンバーシップを募っていきたいと思っています。

その入り口がこちら

paymo.life

まずは僕たちに会いに来てみてください。

 

スピリット・オブ・セイラーズメンバー紹介

カイ・・・大型の船のメンテナンス、航海術、航海計画の立案、帆船クルーの研修を担当している。
帆船の動かし方、教えます。
帆船乗りとして得た実務経験を生かして海洋冒険体験を提供していきます。

帆船は見るのも好きだけど乗るのが大好き。船酔い大臣。初めて乗った帆船は横浜の海星。海外(オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、イギリス、地中海で)の帆船経験があり、国内のタンカー船や帆船みらいへの航海士もしてました。帆船以外のこともたくさん興味があるけど料理、歴史、読書、酒、結局帆船とつなげて考える。
船に乗らなくても、陸上にいても海を感じられるようなイベントやワークショップ、海図、帆船や船・港の歴史をテーマにした料理教室、酒イベントがしてみたい。海図を使ってみんなで遊びながら航海体験ができるようなことができなかと計画中。

 

 

エリ・・・大学時代にディンギ−470に乗っていた湘南ガール、船酔いエース。
SUP(スタンドアップパドル:ボードの上に立って漕ぐサーフィン)全日本大会出場。帆船みらいへでインストラクターをしていた、伝統的な帆船のメンテナンスを学ぶため海外(オーストラリア)に帆船留学していた経験を生かしてインストラクターとして活躍中。
海技免状の筆記試験をたった2週間の勉強で合格してしまうくらい勉強ができるが、航海中や研修中、場の雰囲気を整え、穏やかにしてくれる存在。

 

 

 

はしやん・・・関西担当のナイスガイ。ヨットレースの経験が豊富で海外転戦も経験しているセイリングは得意なセイラー。物静かな雰囲気があるけど、面白い事が大好き。航海中も頼りになる存在。帆船みらいへで帆船研修として乗船経験あり。

 

 

 

りょうむ・・・カイの後輩。海洋学校ではセイリング部部長として大会にも出場。卒業後は、栄養士の専門学校に進学、フィットネスと栄養士の資格を学び“運動と食事”のエキスパートを仕事として活動中。帆船みらいへに帆船研修として乗船経験あり。

 

 

ユカ・・・海外(オーストラリア)の帆船にクルーとしての経験があり、SUPなどアウトドアの経験多数。とても明るく元気な人。

 

 

森さん・・・駿河湾でセイリングするヨットのオーナーでもありダイビングのエキスパート。海のあるライフスタイルで魅力ある提案をいつもしてくれる。

 

 

美帆・・・海上保安官、航海士、帆船乗り、世界中を航海した事もある女性帆船航海士、エピソードの内容が世界レベル。みんなが憧れる帆船乗り。週末は横浜でヨットのクルーとしても活躍。帆船みらいへでインストラクターとして活動中。

 

 

カイ

帆船事業をスタートさせる"A ship in the harbor is safe, but that's not why ships were built."

やらなければならないことがたくさんある。頭の中をぐるぐると考えが周り、気持ちが知らずに焦ってくる。

けれど人に会い、話をして、海に出て、風に当たるとまた気持ちがすっきりとする。

「よし!やっぱり自分は帆船事業をやりたいんだ!!」と胸をはって進む。

 

f:id:spiritofsailors:20180428165846p:plain

今まで、僕たちはメンバーを募集していたけど、特に問い合わせもなく、どんな活動をしているかもよく分からない団体だった。帆船事業と言っても船はないし、どこでどんな活動をしているのかもよく分からない。

そんな怪しげな帆船乗り集団に少しずつだけど人が集まってきて、活動の幅も 少しずつだけど広がりを見せてきている。

いままでは一人一人に説明してわかってもらっていたのが、状況により、活動内容により、説明の仕方が変わり、メンバーにすら活動の目標や自分たちの考え方をわかりやすく説明できていないことに気がついた。

それはメンバーを募集しているのになかなか人が来ないことでもわかったし、新しくメンバーになりたい!と言ってくれた人に説明している最中にも「ああ、説明不足が多いな」と感じたりして、申し訳ないと思ったりしていた。

 

人とのコミュニケーションなんてうまくいって自分の言いたいことの60%伝われば良い方で下手すると30%も伝わってないことがけっこうある。

だから自分のやりたいこと考えていることは明確に分かるようにしていくことにした。

 

帆船事業をスタートさせたい。

帆船はない。

活動の場所は少しづつだけど増えてきている。

帆船はすぐには手に入らないから、今できることはなんだろうか。

自分たちの経験、帆船、セイリング、海の知識、人とのつながり、新しいことへの挑戦

と言う世界を広げていくのに自分ができることは、「チームを作ること」

 

海で冒険できる!と言う経験を持っている、冒険したい!と言う仲間を集めて、安全に、海洋冒険体験を提供するには どんな方法が良いか、提供する側はどうあるべきかを考え、構築していくチームが大事。

自分ができることはなんだろうか。経営も、資金調達も全くわからないただの帆船乗りたちがなんとかここまでこれたのは、自分を信じて応援してくれたり、イベントに参加してくれたり、人手を出してくれたり、手伝ってくれたり、紹介してくれたりしてきた「人たち」がいたから。

もっとこの期待や応援に応えたい。もっと活動を広げていきたい。

 

だからスピリット・オブ・セイラーズは帆船事業スタートを目指し、帆船乗り集団としてチームを作っていきます。

 

ここからはどんなチームを作るの?自分がもしメンバーに応募したら?というお話。

もう一度図を見てもらいたい。

f:id:spiritofsailors:20180428165846p:plain

スピリット・オブ・セイラーズクルー養成案

まず基本的な安全への考え方、自分たちの活動への理解を身につけます。この研修が終わるとメンバー登録が完了し、イベントのお手伝いなどボランティアとして一緒に活動がスタートします。

⬇︎

海に出て帆船やセイリング、海での冒険体験を一緒に体験し、提供できるプログラムを考えたり、自分たちに必要な技術、経験について学んでいきます。

⬇︎

基礎的な知識が身についたら、運営メンバー系と運航メンバー系に分かれていきます。

⬇︎

運営メンバーはプログラムを作ったり、海で冒険を体験できるイベントを作ったりしていきます。

運航メンバーは帆船の技術、経験を積み、安全にプログラムが進行できるようスキルを身につけていきます。海外での帆船研修も可能です。

⬇︎

チームに入ろうかなと悩んでる人がいたら、基本的な研修は参加してもらいたいと思っていますが、たまにあるメンバーの飲み会に参加するだけでも構わないと思っています。海の話や船の話をたくさん出来る仲間がここにはいます。

 

僕たちの活動のすべての目標は「帆船事業をスタートさせること」そこに賛同してくれる仲間を募集しています。

"A ship in the harbor is safe, but that's not why ships were built."

 

5/22、僕たちの研修があります。

今回はその基礎編、メンバーには必ず受けてもらっている安全についての研修を開催します。

 これからメンバーになってみたい、僕たちの活動に興味があるという人も参加できます。僕たちと一緒に研修に参加しませんか。

この研修、海や船の専門的な研修ではなく、アウトドアの体験活動における指導者を育成するためのもの。医療現場や保育、教育現場でも活用されているスキルです。資格認定もされます。

どんなことが学べるか。

・体験活動における指導者の法的責任を理解することによって安全に対する意識を身につけます。
・座学だけでなく実習におけるディスカッションや体験を通して実践力を身につけられます。

・体験活動における事故を未然に防ぐと言う指導者に必須のリスクマネジメントの基本手順について学びます。

ASL(Activity Safety Leader )体験活動セイフティーリーダー

体験活動セイフティーリーダー(ASL) - 体験活動リーダースアカデミー

 

参加希望は下記の申し込みフォームから。詳しく知りたい方はお問い合わせフォームからも受け付けています。

paymo.life

 

スピリット・オブ・セイラーズへのお問い合わせ

カイ

 

🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタンLINE Add Friend

 

 

 

 

 

 

関門海峡ぜよ!!

今、龍馬伝に猛烈にはまっています。一回に3話くらい見てます。

現在佳境の薩長同盟のところ。

そんな折に来た...下関!

門司!!

関門海峡!!!

ここがあの長州の...!! 

 

今日はその魅力をお伝えします(笑)

f:id:spiritofsailors:20180427115833j:image

関門海峡は、九州と山口県の間の海峡で、船交通の要所。

 

狭く潮流の早いこの場所は、船乗りにとっては神経を使う場所で、

陸から見ると、次から次へと船が来て圧巻です。

 

山口宇部空港から下関に向かうバスに乗ると、なんと、関門海峡を通る船と並走!

こんな場所は他にあるだろうか? と思うくらい!

www.youtube.com

 

この関門大橋にほど近い場所には源氏・兵士最後の合戦、壇ノ浦の戦いの像が。

船で通る時に、あの像はなんだろうと思っていたのはこれだったのか...

 

潮の流れが変わったことで命運が決したという説と、

実際当時の潮の流れを見ると確かに変わっているけれど、場所が違うから影響はないのではないか?

という説もあるようです。

 

左側の義経は船から船へと飛び移っている所です。

f:id:spiritofsailors:20180427120308j:plain

 

更に、ここには幕末の際に、長州藩が実際に外国船に向けて発砲した長州砲があります。

 

..本物です。

 

f:id:spiritofsailors:20180427115946j:image

これがドラマで発砲してたあれかーーー!!

模様も細かい。

f:id:spiritofsailors:20180427115955j:image

f:id:spiritofsailors:20180427134749j:image

ちなみに最初の写真の、原寸大レプリカの方の大砲は、100円を入れると煙と音が出ます!

17時過ぎると終了してしまうのでギリギリできませんでした。

間違いなく 「打てー!!」 とやりたい(笑)

 

 

更に、更にこのそばには歩いて海の下を通り、門司まで行ける関門トンネルが。

f:id:spiritofsailors:20180427120019j:plain

f:id:spiritofsailors:20180427120008j:image

入り口からエレベーターで地下に降りて行くのですが、なぜかちょっと緊張します。

 

門司までその距離780m。スタートからはゴールが見えません。

帰ってこれるかこわい。

見えないので、今回は歩くのをやめました!(笑)

 

f:id:spiritofsailors:20180427120827j:image

その代わりに、関門大橋から下関駅に向けて歩いていきます。

 

途中導灯の横を通ります。

f:id:spiritofsailors:20180427120819j:plain

これは、船が海峡を通るときに、二つの灯(手前と奥)を見て重なったところが正しい進行角度であることを伝えてくれている、灯りです。

 

ここから振り返ると、この導灯を目印にこちらに舳先を向けている船がわかります。

 

f:id:spiritofsailors:20180427134829j:plain


 

更に歩いていくと、唐戸市場という魚市場につきます。

 

この中の活気がすごい!

思えばシドニーのフィッシュマーケットよりも沢山の人と、それ以上の寿司!フグ!

f:id:spiritofsailors:20180427120626j:plain

f:id:spiritofsailors:20180427120642j:plain

大胆な寿司や唐揚げ、ひれ酒などを自分で取る方式。

興奮して取り過ぎます。人気があるのも頷ける!!

とても美味しいです。 

 

 

 

そして...

下関駅に着くと、その近くにはパナマ運河と同じ形式で、とても小さい型の水門、

パナマ運河式水門があります!

 

雨でも見にいきました。

f:id:spiritofsailors:20180427120140j:imagef:id:spiritofsailors:20180427120216j:image

この水門は、歩いても車でも通れるのですが、通行可能な時間が決まっています。

f:id:spiritofsailors:20180427120228j:imagef:id:spiritofsailors:20180427120251j:image

パナマ運河にはまだ行ったことがないけれど、

これが大きくなったものだと思うととてもわかりやすい。

 

 

さて、下関から門司には、船で渡ることをお勧めします。(トンネルあるけど)

行き交う船の間を抜けることができます。

5分で対岸につきます。

f:id:spiritofsailors:20180427134908j:image

 

下関側から門司を撮ったこの写真には、うっっっすら帆船みらいへがうつっています。

見えた人はかなりのファンです。

 

 

門司に来たら、三宜楼という、

かつて高級料亭で、現在は修復・公開されている場所に行くべしです。

 

f:id:spiritofsailors:20180427120712j:image

100畳間と呼ばれる大広間。

とても豪奢で、この空間が貸し出ししているとはまた驚きです。

 

f:id:spiritofsailors:20180427120724j:image

現役の頃は、京都から来た芸妓さんが運営をしていたそうです。

そのためか、細かく凝った欄間などの細部にも驚きます。

 

 

そして、今回は門司港にて帆船みらいへに乗船しました!

f:id:spiritofsailors:20180427141726j:image

 

ぜひ、関門海峡に行ったらここがお勧め!という場所を一息に書きました。

 

最後に、龍馬伝NHKオンデマンドがお勧めです(笑)

NHKオンデマンド

 

 

エリ

 

 

5月22日、横浜にてメンバーには必ず受けてもらっている安全についての研修を行います。

体験活動での安全確保を学びませんか?

ASL(Activity Safety Leader )体験活動セイフティーリーダー 参加者募集中!

大海原に出る前に知っておくべきこと【帆船乗りの基本~安全編~】 - paymo (ペイモ)

paymo.life

詳細↓

spiritofsailors.hatenablog.jp

 

Line@はじめました!

🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタン  LINE Add Friend

いい研修てなんだろう?

新人研修のスタッフをしてきました。

 

カラッとして明るい研修生たち。

f:id:spiritofsailors:20180426204126j:image

 

夜に、どうしたらセイルの構造がわかりやすいか、模型を使って伝えられる様に組み立て中。

instagram.com

 

実は数年前にある新人研修のスタッフをした時。

その時はつらかったです。

 

研修生が言ったこと、やったことに対して何かコメントや指摘をしなければいけないと自分が思っていたから、まるで評価する様な目線で人を見ていた。

そして、注意した言葉が全部自分に跳ね返ってくるような気持ちがしていました。

 

一つ一つが

...それ私見本になるくらい出来てる?

 

研修生にも自分の言葉が響いてないように感じていました。

 

f:id:spiritofsailors:20180426204327j:image

 

新人研修て、

 

研修生は、入社することには合意しているけど、

 

研修には、一般のお客さんのように自分から選んで申し込んだわけではない(合意してない)から、モチベーションは別の所にあるようにも感じます。

 

でも、研修の内容を持って帰って貰えるにはどうしたらいいのか。

 

f:id:spiritofsailors:20180426204534j:plain

 

  

今年はスタッフをするときに、

 

ちょっと心配な気持ちと、

 

せっかく船で起こることは全て理由があるのだから、

その自分の知っていることを伝えよう、研修生と本当に思っていることを話していこうと思いました。

 

 

1日の終わりに研修生が気持ちを話す時間。

評価の目線を捨てよう。

 

そう思ったら、気持ちの反対側から

「彼はどうしてこう言っているんだろう? どんな人なんだろう?」

 話すことを聞いている内に、彼らに興味が出てきた。

話を聞きたい。

 

きれいな言葉でまとめてないかな?

と思うこともあれば、

面白い視点に驚いたりして、

 

そこにわざわざ何かコメントしに入る必要はないように感じた。

 

そして段々彼らを好きになった。

 

だから、セイルハンドリングをしていて語気が強くなってしまった時、

でも、あなたの安全を守りたい、その為の動作であること、

その理由を伝えようとしたときに、

 

相手が話を受け取ってくれて、後腐れがない感じがした。

 

f:id:spiritofsailors:20180426204450j:image

言い方じゃないのかもしれない。

何も言わなくても、相手をどう考えているかが伝わることもあるのかもしれない。

 

言葉を尽くす以上に、船は沢山の体験をプレゼントしてくれる。

体験への意味付けは自分次第だけど、今回の帆船のリーダーシッププログラムはみんなにとってどうだったんだろう。

 

f:id:spiritofsailors:20180426204351j:plain

f:id:spiritofsailors:20180426204407j:plain

初釣りでアジやサバを釣った人も!


個人的には、成功体験を沢山プレゼントしたい。

大変なことがあったとき、あんなこともやれたんだし、自分は大丈夫。

という背中で支えてくれるような経験でありたい。

 

 

最終日、みんなは本当に全員が笑顔で下船していった。

f:id:spiritofsailors:20180426204534j:image

エリ

 

 

5月22日、横浜にて安全についての研修を行います。

ASL(Activity Safety Leader )体験活動セイフティーリーダー 参加者募集中!

大海原に出る前に知っておくべきこと【帆船乗りの基本~安全編~】 - paymo (ペイモ)

paymo.life

詳細↓

spiritofsailors.hatenablog.jp

 

Line@はじめました!

🌊Spirit of Sailors 公式LINE🌊

登録ボタン  LINE Add Friend

大海原に出る前に知っておくべきこと 【帆船乗りの基本〜安全編〜】

 

スピリット・オブ・セイラーズは一緒に帆船事業を作る仲間を募集しています。
この度、メンバーが増えました。とっても嬉しい。

 

f:id:spiritofsailors:20180412211634j:image

f:id:spiritofsailors:20180412211224j:image 
僕たちと活動を共にしてくれる仲間には特に資格が必要だったり、経験が豊富な必要はない。

 

僕たちとの活動が海や船での初めての経験でも全く問題ない。

 

 

ただ、僕たちの活動の中には不定期で依頼を受け大型の帆船に乗り込み、インストラクターとしてセイリングについてのサポートやイベントのお手伝いをする活動や実際に海に出る活動がある。
インストラクターとして活動するには安全のこと、船のこと、セイリングのことについて習得しておかなくてはいけない。海に出て、実際に大型の帆船を操り、参加者の人たちと共に活動するにはスキルと経験が必要だ。
今回はその基礎編、メンバーには必ず受けてもらっている安全についての研修を開催します。

 

これからメンバーになってみたい、僕たちの活動に興味があるという人も参加できます。僕たちと一緒に研修に参加しませんか。

この研修、海や船の専門的な研修ではなく、アウトドアの体験活動における指導者を育成するためのもの。医療現場や保育、教育現場でも活用されているスキルです。資格認定もされます。

どんなことが学べるか。

・体験活動における指導者の法的責任を理解することによって安全に対する意識を身につけます。
・座学だけでなく実習におけるディスカッションや体験を通して実践力を身につけられます。

・体験活動における事故を未然に防ぐと言う指導者に必須のリスクマネジメントの基本手順について学びます。

ASL(Activity Safety Leader )体験活動セイフティーリーダー

http://www.fieday.net/ac/?page_id=261

【開催日時】5月22日 09:30〜17:00 予定

【場所】  講座 会場
      プラムネット株式会社 セミナールーム
      〒221-0844
      神奈川県横浜市神奈川区沢渡1-2 
      菱興高島台第3ビル 4F
      http://www.fieday.net/ac/?page_id=437


【募集人数】8名

【研修費】¥10,760(資格認定申請料※別途¥2,000)

 

参加希望は下記の申し込みフォームから。詳しく知りたい方はお問い合わせフォームからも受け付けています。

paymo.life

スピリット・オブ・セイラーズへのお問い合わせ

 

カイ